タイミングの勝利です

 先日出会い系サイトを利用した時の事をお話ししたいと思います。
 会社帰りの電車の中でした。
 満員電車という事もあり、本を読む事も出来ません。
 何が出来るって携帯電話を弄る事くらいしか出来ませんでした。
 そこでいつも使っている出会い系サイトを使っていたのですが、ちょうど自分の乗り換え駅で相手を求めている女の子がいたんですよ。
 こんな美味しい話はないだろうという思いと、どうせ返信は来ないだろうという思い半々でメッセージを出したんです。
 自分は36歳の独身です。
 ビジュアルには自信もありません。

 恋人もいませんし結婚もしていません。おそらく一生独身なのだろう…。
 そんな覚悟もしてきました。
 そうなると風俗か出会い系サイトくらいしか発散出来る場所がないんですよね。
 正直給料は同世代に比べて良い方ではありますので、そうした部分で遊ぶしか出来ないんです。
 そんな事を思いながら電車に揺られていると返事が来たんですよ。
 まぁ出会い系サイトで返事が来るくらいで喜んでいたらダメですよね。
 返事が来てから、それからが戦いなんですから。
 でいろいろと話し合い、会う事になったんですよ。

 これはもう場所の勝利ですね。
 メールの返信が来た時、あと10分で女の子のいる場所って所だったんです。
 このタイミングでなければ正直出会えたかどうか微妙なラインでしたね。
 というのも、相手の女の子、とにかく会える相手を探していたんですよ。
 暇だったんでしょうね。そこで自分の出番という訳。帰り道ですからばっくれもないでしょうしね。
 で写メは見してもらってたんで改札降りてすぐに合流。
 ま~詐欺写メではないかなと思いながらそのままメールでの話し合い通りホテルに直行。

 ホテル代はこちらが負担という事だったのですが、まぁそれは今の出会い系では常識ですからね。
 しかし驚いたのが見ず知らずの男性の前でも何の恥じらいも無いんでしょうかね。
 ギャル系の女子ってここら辺の感覚が凄いですよね。
 おかげでそのままもうね、3時間の中で3回頑張りましたよ(笑)
 最近は「自分自身」に自信が無くなって来ていたのですが、とんとん拍子に進んだからなのか何なのか、今回は頑張っちゃいました(笑)
 キープしておきたかったんですけど、聞いたら今日はたまたまたここに遊びに来ていただけとの事。
 ここら辺にすんでいたら好きな時帰りに会えたのに…残念。
 しかしあの腰使いだけは今思い出してもそそるものがありました…。
 今時の若い女の子の腰使いはいろんな意味でグローバリズムですね。

カテゴリー: 体験談   パーマリンク

コメントは受け付けていません。